INSPEC 利用の手引
1997.5.7. 阿部 友紀

INSPEC データベースは英国の I. E. E. (The Institution of Electrical Engineers) から独立組織となった INSPEC が文献を収集 $\cdot$ 整理し, 全世界に配布している理工系の代表的な文献二次情報である. 物理関連はINSPECA(最近10年分), OLDINSPA(1969年から10年前まで), 電気 $\cdot$ 電子工学関連はINSPECB, OLDINSPB, 計算機 $\cdot$ 制御工学, 情報技術関連はINSPECC, OLDINSPC に収録されている. INSPEC データベースの検索は, telnet で京都大学大型計算機センターに接続して 行なう.

以下は検索手続きの概要である. さらに詳しい利用の手引があるので こちらも参考にして下さい.

1.

まず telnet で kuma.kudpc.kyoto-u.ac.jp に接続する. この際, ログをファイルに取っておく(ただし, 検索結果は個人利用に限る).

Mac の場合 : NCSA telnet を立ち上げ \framebox {\sf File}
, \framebox {\sf Connection}
で接続し, \framebox {\sf Session}
, \framebox {\sf Capture Session to File}
でログを記録する.

Windows の場合 : Tera Term を立ち上げ \framebox {\sf File}
, \framebox {\sf New connection}
で接続し, \framebox {\sf File}
, \framebox {\sf Log}
でログを記録する.

2.

以下は接続後の検索例である. 下線は入力部分を表す.

$\Diamond$ 端末タイプの設定 (4を指定する)

PLEASE KEY IN "TERMINAL TYPE" (E:END,%X:XTERM6683,NULL:HELP) --> 4

$\Diamond$ 利用者番号の入力

ENTER USER-ID -

L50674

$\Diamond$ パスワードの入力(阿部あるいは知っている人に聞いて下さい)

PASSWORD ? $\cdots\cdots$ (システムメッセージ) $\Diamond$ データベースの呼出 [INSPECA]

# IRS INSPECA

SELECT INSPECA P(1111 CMD 2)
RS> CONTROL NOLIST,NOM,NOP
INDEX is following.
LISTING OF 5 ELEMENT(S)
DNO(DN)       AUTHOR(AU)    ISSN(IS)      ISBN(IB)      CLASSIFY(CC)
TEXT is following.
LISTING OF 4 ELEMENT(S)
KEYWORD(KW)   TITLE(TI)     AUTHORAD(AA)  SKEYWORD(KE)
Type in "END FAIRS" to return '#' mode.

$\Diamond$ 検索処理 [全TEXT項目(KW)からの検索]

RS> SEA KW ZnMgSSe

143 DOCUMENT(S) FOUND. $1 SAVED.

$\Diamond$ 検索条件の追加 [AND あるいは OR を用いる]

RS> AND KW 'EFFECTIVE MASS'

4 DOCUMENT(S) FOUND. $2 SAVED.

$\Diamond$ 検索結果の出力 [標準出力項目 * と Abstract(AB)]

RS> OUT EL (* AB)

**INSPECA** UPDATE 97.05.01 (1988-1997 DATA, "SEE ALSO OLDINSPA" )

#1
 DOC NO        4731872
 TITLE         Relation between hole density and impurity density in ZnMgSSe
               semiconductors
 AUTHOR        Kondo, K.
               Okuyama, H.
               Ishibashi, A.
 AUTHOR AT     Res. Center, Sony Corp., Yokohama, Japan
 TAKEN FROM    Appl. Phys. Lett. (USA)
 CODEN         APPLAB
 VOL           vol.64, no.25
 PAGE          3434-6
 PUBL DATE     20 June 1994
 ABSTRACT      Using amphoteric native defect model (Walukiewicz, Phys. Rev. B
               37, 4760 (1988)), we have considered the energy-gap E/sub g/
               dependence of nitrogen doping in ZnMgSSe semiconductors. We
$\vdots$
               transitions is predominant in II-VI systems as the exciton
               binding energy is larger by a factor of 5. This results in a
               primary role for excitons in lasing, which has been verified
               experimentally

$\Diamond$ データベース利用の終了

RS> END FAIRS

$\Diamond$ TSSセッションの終了

# LOGOFF

3.

telnet で保存しておいたログファイルを読む(あるいは印刷する).



Tomoki Abe
5/6/1998