電子メールについて

光エレクトロニクス研究室では optoele.ele.tottori-u.ac.jp (10.10.102.162) が メールサーバー(SMTP, POP)として働いています。 SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) はメール送受信のため, POP (Post Office Protocol) はクライアントがサーバーにあるメールを 受け取るためのプロトコルです。

SMTPとPOPは研究室内のネットワークからのみ利用可能です。 インターネット・サービス・プロバイダーなどに接続して メールを読みたい人はメールを転送する必要があります。 (設定はこちら)

各ユーザのメールアドレスは次の通りです。(USER_NAMEには各ユーザ名が入ります)

USER_NAME@optoele.ele.tottori-u.ac.jp

各クライアントのサーバ設定は次のようにしてください。

注) DNSに登録されたマスタメールサーバからしかメールを受け付けないサーバが あるようです。 その場合は SMTPサーバを ampere.ele.tottori-u.ac.jp にして下さい。

パスワードを盗聴を避けるために、POPにはAPOPというプロトコルを使用します。 これにより、パスワードを暗号化して通信することが可能になります。 ただし、メールの内容は暗号化されません。
パスワードの変更は "optoele" にログインして "popauth" コマンドを 実行してください。 また、"passwd" コマンドにより NIS (Unix), SMB (Windows), POP (E-Mail) パスワードを同時に変更できます。 (詳しくはこちら)
APOPに対応した電子メールクライアントは次のようなものがあります。 (全部は確認できていません)

研究室で利用する場合のAl-Mail32 (Windows用) の設定法はこちらです。

optoeleにログインしてmew (Unix用) を利用する場合の設定方はこちらです。

Web上から利用する場合はこちらです。

[Windows]
EUDORA PRO 【商用ソフト】
電信八号 【フリーソフト】
Winbiff 【シェアウェア】 (学生50%割引, フリーウェア版(16bitのみ)あり)
Becky! Internet Mail 【シェアウェア】
AL-Mail32 【シェアウェア】 (学生, 教育機関を対象とした送金免除制度あり)

[MacOS]
Eudora-J 【フリーソフト】
EUDORA PRO 【商用ソフト】
クラリスメール1.1 【商用ソフト】
Internet Mail and News 3.0a

[Unix]
Mew 1.93以上 (IM 1.00以上) 【フリーソフト】
MH 【フリーソフト】

電子メールの転送

サーバー(optoele.ele.tottori-u.ac.jp)にログインして、 ホームディレクトリ(ログイン時のディレクトリ)で次のように実行することで 外部のメールサーバーにメールを転送できます。 (例えば optoele でのユーザー名を optaro, 転送先のメールアドレスを optaro@tottori-u.ac.jp とします)
ただし、転送先のサーバーではoptoele.ele.tottori-u.ac.jpへ転送しないようにしてください。 (お互いに延々とメールを転送し合い負荷がかかります: メールピンポン)

echo optaro,optaro@tottori-u.ac.jp > .forward
chmod 600 .forward

光エレ研の電子メールアドレス