SAMBA について

"SAMBA" とは UNIX で NetBIOS プロトコル (Windows のネットワークプロトコ ル) を扱うためのソフトウェアです。 ファイルやプリンタの共有を行うことができます。

光エレクトロニクス研究室では "optoele" が SAMBA サーバーとして 働いています。 ワークグループ名は "OPTOELECTRONICS" です。 プライマリドメインコントローラ(PDC)として動作しますので、 ログオンサーバ(ユーザ認証)機能もあります。 Windows NT ドメイン名は "OPTOELECTRONICS" です。 各クライアントは "NTドメインにログオンする" ように設定してください。 (詳しくはこちら)

● 利用方法

Windows へログオンするときに "optoele" のユーザー名でログオンしてください。 パスワードは SMB (Windows) password です。

使用後はログオフしてください。

パスワードの変更は "optoele" にログインして "smbpasswd" コマンドを実行してください。 また、"passwd" コマンドにより NIS (Unix), SMB (Windows), POP (E-Mail) パスワードを同時に変更できます。 (詳しくはこちら)

ネットワークコンピュータの "Optoele" にアクセスしてください。

ユーザー名と同じ共有フォルダがあります。 これが "optoele" のホームディレクトリ (login したときのディレクトリ) で す。 "home" という共有フォルダがありますが、この中に各ユーザのホームディレクトリ があります。 アクセス権限(読み書き)はログオンしたユーザーになります。

共有レーザプリンタ(EPSON LP-8100)の共有名は "LP8100" です。
共有レーザプリンタ(Canon LBP-A404E)の共有名は "LBPA404E" です。
共有カラープリンタ(EPSON PM-770C)の共有名は "PM770C" です。
¥¥OPTOELE¥LP8100¥¥OPTOELE¥LBPA404E¥¥OPTOELE¥PM770C (ネットワークコンピュータ → OPTOELE) を ダブルクリックすると設定ができます。(ドライバも自動的にインストールされます)

現在、共有プリンタ(Canon LBP-A404E)は使用していません。

● リンク