未来を開拓する "半導体光エレクトロニクス"

− 半導体結晶作製と青色光デバイスの研究 −

半導体の王者Siによる超LSI時代が確立され、 ファイバーによる光伝送が実現された現在は、 様々な画像、音声、文字等の情報が融合する『マルチメディア時代』 幕開けの時期でもある。 このマルチメディアが便利なだけではなく、 新人類にも誇れる、新しい文化としての "Human-Network" になるためには 今後、ハード/ソフトを含め様々な電子-光信号の高速変換を実現する 新半導体素子の開発が必要です。

半導体光エレクトロニクス研究室では、以下に紹介する "半導体超格子技術" を 基礎にした新機能光半導体素子(レーザー、受光器、光センサー、高効率太陽電池等)の 開発研究を進めています。

【研究の構成】 図をクリックしてください

[研究の構成]

超格子技術 | 欠陥評価・解析 | 結晶成長
MBE | MOVPE
半導体レーザー・受光器 | 光センサー | ソーラーセル

Member Home Page
メンバー紹介 | ホームページへ
● 鳥取大学ホームページへ
● 鳥取大学電気電子工学科ホームページへ
ご意見、ご感想などありましたら、こちらまで電子メールを