【青色半導体レーザ】

超格子技術をもとにして作製した青色半導体レーザの構造図を下図に示しています。 この半導体レーザは室温で発振が確認されていますが、 現段階ではまだ短寿命(約1時間)で、 今後欠陥の制御や構造の最適化を進め、 大容量光ディスク用光源やフルカラーディスプレイとしての 実用化を目指していきます。

【青-紫外半導体受光器】

現在工事中です。
↑元に戻る