【通信衛星用高効率太陽電池】

衛星用太陽電池は光から電気へのエネルギー変換効率が高く且つ宇宙の放射線に 対しても強い耐性を持っていなくてはなりません.地上ではSiという半導体が太陽 電池に使用されていますが,宇宙線等に弱いため,衛星用にはGaAsやlnP等の化合物 半導体が適しています.図はlnPを用いた太陽電池の構造で,この電池は宇宙線で発 生した欠陥が太陽光を照射することで自然に消滅する不思議な効果を有しているこ とを見いだしました.この効果(自己修復効果)の為にlnP太陽電池は効率が高く,電 池の寿命も非常に優れており,衛生用電池として有望視されています.研究室ではlnP 太陽電池の実用化を目指して,最適な素子構造の設計や欠陥消滅のメカニズムの解 明を進めています.


↑元に戻る